MENU

18歳でお金を借りたい!未成年は借りられないと聞いたけど実際は?

18歳というのは高校3年生か大学生 専門学生1年生と微妙な年齢ですよね。

 

高校3年で18歳であれば、金融会社でお金を借りることはできません。もちろん学生ローンも対象外です。
18歳でお金を借りたいときはさまざまな制限があるため、貸す側も渋くなっていることを知っておきましょう。

 

18歳でお金を借りられない理由

 

金融会社が「満20歳から」と定めている以上は店頭に行って抗議しても、その抗議が通ることはありません。民法が「未成年契約取消権」を定めているためです。
※未成年契約取消権…未成年者が法定代理人の同意を得ないでした法律行為は取り消すことができる。

 

金融会社からしてみれば、融資をしても未成年だからといって取り消されるのはうれしいことではありません。融資をするのにもいろいろと手間がかかっているからです。
そのため、大手はもちろんのことながら、審査が甘い中堅の消費者金融でも満20歳からを対象としています。

 

結論、「18歳では金融会社で借りることはできない。」

 

 

そんな制約の中で借りられるのは日本育英会から借りる「奨学金」がありますが、そのほかにもお金を借りる方法があります。
大手新聞社が行う、新聞配達をしながら学費を稼ぐ「奨学生制度」を利用する方法もあります。

 

新聞社の奨学生制度は大学生活に必要な学費を奨学金として建て替え、この制度を利用した生徒は新聞配達をしながら大学生活を送るというもの。衣食住の大半は保証されており、就職活動支援卒業時のお祝い金ももらえるというもの。

 

新聞配達を第1に考えつつ、学校の授業選択もしなければいけないという不自由さはありますが、アルバイトに困ることやお金の返済に困ることがなくなることで助かる学生も多く、この制度は50年以上も続いています。

 

お金を借りる人は、その金額が大きければ新聞社の奨学生制度を利用するというのも良い社会経験になることでしょう。

 

18歳でつくれるのは〇〇だ

 

奨学金などではなく、「気軽にお金を借りたい!」という人が借りられるローンはあるのか。
上記に記したような法律がある以上はローンを組むことができません。

 

もし18歳でもOKな金融会社があるなら、それは間違いなく闇金です。
「親の収入があれば大丈夫」などと甘い言葉が近づいてきて、安易に借りたら最後。お金の滞納が始まったら父親の会社や自宅の電話に怒号を散らすなどの乱暴な催促や嫌がらせ行為をしてくる可能性が高いでしょう。

 

そのようなことがない18歳で借りられるローンはクレジットカードのキャッシング機能です。
クレジットカードは18歳以上で作れるので、1枚持っておくと便利です。

 

18歳で安心して借りられるのはクレジットカード

 

キャッシング機能付きのクレジットカードが一枚あれば、お金を借りたい時に借りられます。
クレジットカード以外にも、学生ローンや奨学金などの国の制度の利用が可能ですが、18歳のうちからお金を借りる癖をつけるとリスクも大きくなるので、「アルバイト代」の範囲内で返せるように心がけましょう。

 

お金を借りたい19歳だけど借り入れは可能なのか

19歳でお金を借りることは可能かというと、大手の銀行や消費者金融で借り入れることはできません。

 

「満20歳から」を借り入れの対象としているため、大手でお金を借りる場合は親の同意が必要です。

 

よって、19歳でお金を借りるというのは学生ローン以外は難しいのではないでしょうか。

 

バレる覚悟で年齢をごまかしても身分証明をする段階でバレてしまいますし、19歳の段階でお金を借りることができないということは法律で決められているんです。

 

19歳でお金を借りられない理由

 

18歳、19歳の人がお金を借りたい時に金融会社が「NO」とするには「未成年契約取消権」という法律があるから。
「未成年契約取消権」は、未成年が親の同意を得ずに金融会社にお金を借りた時に、その契約を取り消すことができるんです。

 

全て契約が無になるということは、金融会社にとっては損害が起きるため、自社を守るために大手の銀行や消費者金融では「満20歳から」の借り入れを対象としているのです。

 

学生でも借り入れができないため、お金を借りるときは親の同意が必ず必要だということをご理解していただければ幸いです。

 

19歳でお金を借りるために

 

19歳でお金を借りられる人はいるのか。答えは「YES」です。
この条件に満たす人は、学生ローンを使えること親の同意があること結婚をしていることです。

 

結婚をすると配偶者に収入があるという「保証」ができるため、主婦でも借り入れが可能な銀行のカードローンであれば、お金を借りたいと思ったら即日に借り入れができるんです。

 

女性は16歳で結婚ができるので、未成年でカードローンを利用している人は「主婦」である可能性が高いです。

 

主婦というのは社会的に信用され、家庭を持つことでお金を使う理由がはっきりしています。そして何よりも「配偶者」の存在が大きく、「未成年」でも成人と同等に扱かわれるなどといったメリットがあるんですね。

 

次に高校生以上、大学生 専門学生 高専に通う人たちが利用できる「学生ローン」です。
学生ローンは奨学金の他に中堅の消費者金融の商品を利用する方法もあります。

 

例として

 

「マルイ」の学生ローン

・年利率15.0%〜17.0%
・スピード審査
・資格資金など自由に使える
・最大50万円の借り入れが可能
・アルバイトをしていること
・返済期間3年
・保証人 不要

 

中堅の消費者金融であれば19歳でも借り入れが可能ですが、アルバイト代が見込めなければ借り入れはできません。

 

19歳は条件付きで借り入れは可能な反面、、、

 

中堅の消費者金融は大手よりは甘いかもしれませんが、「本人」に収入があれば借り入れが可能であると同時に、支払いも自分の力で行う「自己責任」が伴うため、お金を借りる前に本当に借りた方が良いのかじっくり考えてからでも遅くはありませんよ。

 

 

大学生でもお金を借りたい。年齢制限にご注意を

 

大学生でお金を借りることができるのか。重要なのは年齢バイトをしているかどうか。

 

大学生で18歳の場合と20歳の場合では金融会社の借り入れ条件に大きく異なります。
個人的には、20歳になるまではお金を借りる状況を作らず親からもらうお小遣いの範囲内でやりくりしたほうがメリットは大きいと思います。

 

今回は大学生の借り入れについての条件など詳しく見ていきましょう。

 

大学生の借り入れはどうか

 

消費者金融や銀行のカードローンの借り入れ条件はおおよそ「満20歳〜」です。基本的に未成年は1人の判断で借り入れができません。ブラックOKの中堅の消費者金融でも「満20歳〜」の借り入れを対象としています。

 

未成年なら大学生であっても親の同意が必要ということなので、お金を借りることを報告するという手間が必要です。
そのため、基本的には大学生でも未成年の借り入れはNGに近いということを知っておきましょう。
親に内緒で借り入れをしてしまって大変なことになったという事例もありますよ。

 

消費者金融で親に内緒で借りる条件とは

 

大学生がお金を借りたい時の最低条件は「満20歳以上」「一定の収入があること」の2つ。

 

消費者金融では借り入れを希望する人に収入がないとお金を貸すことはできません。

 

大学を卒業するまで現在のバイト先で働く予定であるなら、消費者金融でのお金の借り入れは可能でしょう。審査の度合いによりますが、よっぽどのことがないかぎり審査は通りやすいと言われています。

 

消費者金融でお金を借りるとバイト先に在籍の確認の電話は必ず入りますから、バイト先に知られたくない場合は、モビットのWEB完結を利用するとバイト先にバレるリスクは回避されるでしょう。

 

親同意でローンを組んだほうがいい

 

親に内緒でお金の借り入れをしたいというのが本音でしょうが、無理な借り入れが重なって返済ができない状況になるくらいなら、親の同意のもと大学生専用の学生ローンを利用したほうが安心といえば安心です。

 

もしバイト先を辞める時に返済するお金をどうするのかを考える際、親が把握していれば、親にバイト先を探すあいだだけ賄ってもらうことができ、また複数の金融会社からお金を借り入れるリスクを潰すことにもつながります。

 

大学生はお金の知識がまだまだ不足している時期であり、お金を借りたいから「アコム」で簡単に借りられるといったこともありません。

 

法律が改正され「年収の1/3以上」の借り入れを禁止しているため、大学生が借り入れできるお金は少額に決まっています。

 

少しの金額しか借りられないということを把握して、お金を借りたい時にどの方法を使えばよいか考えてみましょう。

 

お金の勉強になる

 

1度借金をしてお金の返済に困った経験は、お金のやりくりの大変さや収入の範囲内でお金を借りることの難しさを勉強する教科書です。

 

大学生のうちから借金しろとは言いませんが、大学生のうちが消費者金融でお金を借りることはどういうことかを学ぶことができる良い機会かもしれませんよ。

 

学生でもお金を借りられる銀行のカードローンとは

 

銀行のカードローンは、学生でも満20歳以上かつアルバイトをしている2つの条件を満たしていれば、借り入れは比較的可能なのです。

 

学生さんはネットショッピングの支払いにネット銀行を利用している人も多いかもしれません。

 

今回は学生でも使えるネット銀行のカードローンをご紹介します。

 

楽天市場を利用しているもしくは楽天銀行の口座を持っている人におすすめ

・楽天カードのポイントを集めている。
・楽天市場でショッピングをしている
・楽天銀行の口座を開設している
・アルバイトをしている

 

以上の項目にあてはまる人は楽天銀行のカードローン「スーパーローン」がいいでしょう。

 

スーパーローンの特徴

・年利率1.9%〜14.5%
(2017年3月31日まで年0.95%〜7.25%)
・最大限度額800万円まで、300万円までなら収入証明書不要
・用途は自由
・スマートフォン、パソコンから24時間借り入れが可能
・コンビニエンスストア(ローソン ファミリーマート セブンイレブン)やイオン銀行のATM手数料が無料
・楽天スーパーポイント31,000ポイントがもらえる
・申し込みから残高照会までマイページから確認が可能

 

もれなくポイントがもらえるという楽天銀行のスーパーローン。今なら金利が半額のキャンペーン中!
楽天市場で大きな買い物をしたい時にスーパーローンを利用するのも賢い選択でははいでしょうか。

 

auの携帯電話を使っている人におすすめ

・auのスマートフォンを使っている
・じぶん銀行の口座を開設している
・アルバイトをしている
・20歳以上である

 

auユーザーさんにとって馴染み深い「じぶん銀行」のカードローンは、三菱東京UFJ銀行の提携で作られたカードローン。

 

auユーザーなら「au限定割」利用できますよ。

 

じぶん銀行カードローンの特徴

・auユーザー限定割で
年利率1.7%〜17.4%
・通常の年利率2.1%〜17.4%
・限度額800万円まで。300万円までなら収入証明書不要
・じぶん銀行の口座があれば本人確認の書類は不要
・口座がなくてもauユーザーであれば、auIDで申し込みができる
・学生の場合はEメールでの連絡があるかも(基本は電話での確認)
・三菱東京UFJ銀行とゆうちょ銀行 ファミリーマート、ローソン、セブンイレブンのATMなら手数料が無料
・明細書の郵送は無し
・返済日の3日前にメールで知らせが届く
・1,000円単位で借り入れが可能

 

auユーザーならではのサービスが多いじぶん銀行のカードローンは、10万円の借り入れをした場合、auユーザーだと年0.5%優遇の12.9%。銀行カードローンよりも利息が安い!

 

こちらも20歳以上の学生の利用は可能。初めてカードローンを利用するauユーザーには本当におすすめです。

 

ライフスタイルにあったカードローンを選ぶ

 

auユーザーや楽天の会員さんなどライフスタイルに合わせたカードローンを選んでほしいです。

 

ライフスタイルに合わせて利用することで、お小遣いの範囲もしくは「ちょっと痛いだけ」の金額を割り出すメリットがあること、何よりも借金地獄になるリスクが少なく計画的にお金を借りやすく学生向きのカードローンではないでしょうか。

 

 

留学費用目的でお金を借りたい!

留学費用目的でお金を借りたいという方もいらっしゃると思います。
そのような目的がしっかりある方は消費者金融や銀行で借りなくても、留学費用専門のローンで借りた方が健全ではないでしょうか。

 

今回は留学費用のためにお金を借りたい人へのローンの種類をいくつか紹介します。

 

地方銀行の留学ローンについて

 

千葉銀行のスーパー教育ローンの「海外留学ローン」を参考にご紹介したいと思います。

 

地方銀行の教育ローンや目的別ローンという種類がありますが、用途が留学と決まっているのが千葉銀行「海外留学ローン」ということで挙げてみました。

 

千葉銀行海外留学ローンの特徴

・入学金 授業料 教育費 渡航費に使える
・年利率2.20%〜2.40%
・借り入れ限度額1000万円
・返済期間 最大16年6ヶ月
(在学中 利息のみ支払い6年6ヶ月まで、卒業後は10年で返済する)
・借り入れ金が300万円の場合は審査と書類なしで申し込みが可能

 

短期留学で、留学の費用が300万円以内であれば審査なしで借り入れができるので、検討する余地はあると思います。

 

銀行以外でお金を借りたい

 

大手銀行より地方銀行のほうが利用しやすいということで、あえて地方銀行の留学ローンを挙げてみました。

 

銀行の留学ローンよりも深くマッチした制度でお金を借りたい人に「diBec海外大学日本事務局」の奨学金制度を利用するという方法もあります。

 

diBecの奨学金制度は、提携を結んでいる大学のみ対象ですが、学費がかかる私立ではなく州立大学との提携を結んでいるため、学費の負担を軽くできるメリットがあります。
東京 大阪 仙台の三箇所にオフィスがありますので、留学や奨学金についての説明会に参加してみてはいかがでしょうか。
初めて留学する人に必ず役立つと思いますよ。

 

または独立行政法人日本学生支援機構の海外へ留学のための「海外留学奨学金」などあります。
月額支給される奨学金が6万円〜10万円と国ごとに変わっていくので、どの国に留学するかによって金額も変わってきます。

 

ご紹介した制度を見比べてみて、皆さんにあった留学ローンを見つけてもらえたらうれしく思います。

 

働いたら返すことを考える

 

最近は若い世代の奨学金の返済のために生活が苦しいという事例が多々ありますが、お金を借りることは必ず返すことを前提なため、仕事を探すのも大変です。

 

社会人になって返せばよいという安易な考えではなかなか返済が難しいのが今の現状であること。

 

返済期間の見比べや月々いくら返せる金額を算出するのは難しいと思いますが、ある程度はシミュレートしておくと後で苦労するリスクは少なくなります